西元祐貴 スポーツ画の世界

スペシャルインタビュー~ 西元祐貴 × スポーツ ~

聴覚障がい者による競技「デフバレーボール」日本女子代表チームの公式Tシャツのデザインを担当した西元祐貴。
デザイン秘話をはじめ、西元が考えるスポーツの魅力、日本人としての精神性、描くことの芯にある想いを語る。
デフバレーのこと
デフバレーのこと

デフバレーを観て

描かせていただく前に、実際に試合を観に行きました。圧倒されましたね。全く健常者と変わらないじゃないかと。迫力もスピード感もあるし。ただ音がないだけ。

実際に観て、どう感じましたか?

耳が聞こえないというイメージが、デザインのテーマになることはしたくないと、漠然と思っていましたが、観戦してその思いを強くしました。

デザインへの想い入れ

やはり日本代表という言葉の重みが大きかったです。いつも絵のデッサンは何度も繰り返すのですが、今回もスケッチブック数冊が真っ黒です。「JAPAN」の文字も、納得いくまで書きました。

デフバレーのこと
なぜモチーフを鶴にされたのですか?

鶴をモチーフに選んだのは、鶴の持つ、女性的なしなやかな強さを感じさせる姿はもちろん、白、黒、赤という配色も含め、とても日本的なものであるということが理由です。

その他にも工夫されたことは?

実はシャツの下の部分はいくつもの手が重なったものなんです。試合中、頻繁に仲間のユニフォームを触って、手でコミュニケーションをとり、目でコンタクトをとり、手でボールを繋ぐ。音声が使えない分、手が重要なツールになっているという印象だったので、それを表現しました。

反響も大きかったらしいですね?

お披露目が7月にアメリカで開催された世界大会だったのですが、試合後、相手選手からユニフォーム交換が殺到したそうなんですよ。自分にとっても挑戦的なデザインだったので、こういった反響は素直に嬉しいですね。

スポーツのこと
スポーツのこと

スポーツと自分

スポーツを描き始めたのは18、19歳頃。18歳までサッカーをやっていたので、最初はサッカーの絵ばかり。年を重ねるごとに野球、短距離走、レスリングなど、色々なスポーツに興味を持って研究するようになりました。

大量のスケッチを描かれる、と聞きましたが?

スポーツ選手が試合に向けてストレッチや体づくりをするように、僕も絵を描く前には準備をします。スケッチを何枚も描く。最近はひとつの作品にスケッチブックを3冊使うこともありました。準備の重要さはスポーツと一緒です。
本当は準備や苦労は見せたくないですけどね。さらっと、「はい出来たよ」みたいな方がアーティストっぽいじゃないですか(笑)

スポーツの魅力

スポーツって勝負の時間は「一瞬」じゃないですか。試合のその時にしかできない。1年間その為に準備して、競技中は一瞬。
リミットがある美しさに惹かれます。体力には限界があり、ある年齢までしかできない。その上限に挑戦しつつ、修行していく人間の精神力を僕は尊敬するんです。

スポーツのこと
今はどんなスポーツに興味があります?

最近よく見るのはバレエ。肉体の究極の美しさを表現するのが、実はバレエの動きなんじゃないかと。スポーツと外れてくるかもしれませんが、ヨガや禅にも興味があります。
特に禅はあの佇まいが美しいですよね。人の後ろ姿で、その時間の心情や、生きてきた歴史などを切り取って陶板や和紙に表現してみたいと強く思います。

ズバリ西元さんにとってのスポーツの魅力は?

そういう意味で言うと、スポーツそのものというより、スポーツをしている人間の美しさに魅かれていると言えるかもしれませんね。僕の描くスポーツは、もちろんそれを現すものですけど、内面から表面に滲み出るものというか、「人間の美しさや魅力を、絵に落とし込む作業でありたい」という気持ちが僕の芯にあります。

日本人ということ
日本人ということ

日本人としてのスポーツ観

世界を相手に戦っているスポーツ選手には、当然勝ってほしい、1位を取ってほしいという想いはありますが、それよりも「日本人だぞ」ってことを全面に出して欲しいですね。凛としていて欲しい。
戦争を体験し、国と国との争いで翻弄され、核爆弾の悲劇を経験している日本人の子孫として勝負してほしいというか。平和な日本を作り上げてきてくれた先人たちへの敬意を表して戦って、勝って、証明してほしい。真剣なスポーツでの戦いで、憎しみなどは生まれないということを。

デフバレーのこと
スポーツ画を描くとき、
どんなことを考えますか?

「日本の良さ」を作品に出していくにはどうしたらいいかをよく考えます。「日本の良さ」っていうのは、スポーツでいうと立ち姿や礼儀・マナーを重視することです。
礼に始まり、礼に終わる。それは相手を敬い、思いやるということだと思うんですね。相手を尊敬している姿って本当に美しいと感じます。

肉体の美しさには、そういった精神・心の美しさが現れると思っていて、自分の描いた絵から、そういった部分を感じてもらえると嬉しいですね。

今後について
今後について

挑戦

今後、どんなことに挑戦したいですか?

自分のパワー全てを使い果たしてまで描く作品にチャレンジしたい。自分が挑戦しなくなったら、描くことを止めると思います。

目標

目標を教えていただけますか?

具体的な目標はないですね。大きな目標はずっと挑戦中です。これからも、周りの方々のお力とご縁に感謝して、自分は、自分の作品づくりに全力で集中したいと思っています。

在り方

アーティストの表現の仕方は色々あると思いますが、スポーツでよく言われる「心・技・体」を僕は大切にしていきたいですね。
スポーツで心の美しさが肉体に現れるように、アート表現においても同様だと思うので。

Present Campaign

Present Campaign ~直筆陶墨皿を〇名様にプレゼント~